読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めでたく'CPDT-KA' 認定に合格♪

お〜い、お届けものですぜ、ご主人。

f:id:SunnySideDogs:20161014134851j:plain

ん、、なになに? 

f:id:SunnySideDogs:20161014134931j:plain

送り主は・・・ニューヨーク?ブロードウェイ??

f:id:SunnySideDogs:20161014134902j:plain

ちょっと新人君!乗ったら見えませんけどー(笑)

 

さて、届いた中身は何かと言うと、コチラ!!! 

f:id:SunnySideDogs:20161014134951j:plain

CPDT-KA」というなかなか覚えられない名称のドッグトレーナー認定試験の合格証書でございます。わーい合格、パチパチ!

 

ちゃんと説明しますと・・・

まず、アメリカにイアン・ダンバー博士らが設立したAPDT(The Association of Professhional Dog Trainers =プロフェッショナルドッグトレーナー協会)という世界で一番規模の大きいドッグトレーナー組織があります。

そのAPDTが、プロドッグトレーナーを認定するために設立したのが、CCPDTThe Certification Council for Professional Dog Trainers =プロフェッショナルドッグトレーナー認定評議会)です。

CCPDTでは、プロトレーナーが人道的・最新の科学的根拠に基づく犬の訓練知識を習得するための認定試験として、CPDT-KACertified Professional Dog Trainer-Knowledge Assessed)テストを実施しています。

 

ふぅー説明終わり!

 

要するに、世界基準の犬に負担をかけない最新トレーニング知識を持っているトレーナーである事を証明してくれる認定資格が、このCPDT-KAなんです。

全世界の飼い主さんがこのCPDT-KAを持っているトレーナーならば、信頼して自分の犬のトレー二ングを任せられるという指標にしている資格なので、本当に合格してうれしぃぃー。

合格したトレーナーのみ自分の名前の最後にCPDT-KAと記載できます。

なので今日から伊藤哲朗CPDT-KAです。

あ、英語のほうが様になるかな。え〜と、I'm「Tetsuro Ito, CPDT-KA」

 

この認定試験を先月受験しまして、やきもき結果を待っていたところ、本日めでたく合格通知が届いたという訳でした!なかなか大変な試験だったので、感慨もひとしおです〜。

 

大変であるポイントがいくつか。

・受験資格が大変。300時間以上のドッグトレー二ング経験があること。獣医師の推薦状が必要。

・テストが大変。4時間ぶっ続け、250問のマークシートテスト。

・テストの中身が大変。①指導スキル、②動物の管理、③動物行動学、④学習理論、⑤トレーニング道具、から出題。

・資格の更新が大変。更新のためには認定されたセミナーを受講し一定の単位を取得しなければならない。

 

マークシートだから4時間もかからんだろうとタカをくくっていたらまぁ大変!

4時間ビッタリかかりました。もう脳みそ熱々で、最後は問題の意味もよくわからないくらい。なので今回はダメだろうな〜と思っていたところ、なんとか合格できたようです。

 

そして資格更新のためのセミナー受講なんですが、私のような時間があるとボーっとしちゃうタイプの人間にはとっても必要だと思います。

否が応にもドッグトレーニングの最新知識を学ぶ機会を持てるのが、逆に嬉しく今からワクワクしちゃいます!

 

犬のために常に学び続けること。

それを忘れずに頑張るぞー野郎ども〜!

 f:id:SunnySideDogs:20161014173625j:plain

へいへ〜い、まぁ頑張ってね・・・